頭頂部 薄毛

いつの間にか髪の毛が薄くなっている。それが頭頂部のはげの特徴です。

原因にはさまざまなものがあります。ストレスや生活習慣、睡眠不足に血行不良、そして遺伝などの原因があげられます。

しかし最も多いのが、男性特有の薄毛である男性型脱毛症、AGAとも呼ばれる症状です。

基本的にどんな原因であれ、前兆があります。ある日突然薄くなるのではなく、徐々に髪の毛が細くなり、抜け毛が増えていきます。

前兆に気づいたり、もしくは薄くなり始めている時は、すぐに治療していくことが改善への近道といえます。

ハゲが確認できている時はすぐに病院へ

具体的な治す方法としては、薄毛専門のクリニックに頼ることがおすすめです。

頭頂部のはげに多い「男性型脱毛症」の原因は男性ホルモンです。男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛根を攻撃することによって髪の毛が育たなくなっていきます。

専門クリニックでは、そのジヒドロテストステロンの働きを抑制する「フィナステリド」や、血行を良くして髪の毛を育てやすくする「ミノキシジル」などの薬を処方してもらうことができます。

また、薬だけで改善するよりも、髪の毛の生えやすい環境を作っていくことも大切な対策となります。

薄毛改善のために自分でできる4つの取組み

まず手軽にできる方法としては、頭皮環境を整えることです。

簡単なところですとシャンプーの変更があります。

今まで洗浄力の強い通常のシャンプーを使っていたのであれば、低刺激で毛穴を綺麗にするシャンプーに変更し汚れや皮脂などを落とすとよいでしょう。

2つめとしては食生活の見直しです。脂質や糖質の多い食事は、皮脂の過剰分泌に繋がり毛穴を詰めてしまいます。

脂質や糖質は控えめにし、良質なタンパク質や亜鉛、ビタミン類などを意識して、栄養バランス良く食事をしていきましょう。

3つめとして、睡眠の質を向上させるということです。睡眠不足は髪に悪影響をおよぼします。可能であれば髪の毛の育つ「夜10時〜2時」の間は、睡眠を取るようにしてください。

そして最後に喫煙です。タバコは血行を悪くしてしまい、髪の毛に栄養を送りにくくしてしまいます。この機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。