タバコ,薄毛,髪,改善

若い方であっても、AGAなどの薄毛に悩まされるケースが増えてきています。

この薄毛となる原因は様々ありますが、その一つにタバコが原因となっている場合があります。

では、タバコがどのように髪に対し、悪影響を及ぼしているのかを見ていきましょう。

また、禁煙をすることで改善できるのかといったことも考えていきましょう。

タバコによる髪への悪影響

髪の毛が育つには様々な栄養素が必要となります。この栄養素を毛根まで届ける役割を担っているのが血液です。

健康な人はこの流れがスムーズであり、元気でハリコシのある強い髪が作られます。

しかしタバコを吸う人の場合は、これとは逆の作用をもたらすことになります。

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させてしまい血行不良を引き起こします。

タバコを吸うことで、血行不良になる。頭皮に栄養が届けられなくなる。髪の成長を妨げる。

このような悪循環を作りあげてしまいます。

タバコとDHT(ジヒドロテストステロン)の関係

男性の薄毛の最大の原因とされているAGA(男性型脱毛症)。

それを引き起こしているのが、男性ホルモンの一種であるDHTになります。

なんとこのDHTは、タバコを吸うことによって増加してしまうことが、アメリカの研究で明らかとなっています。

吸う人と吸わない人では、このAGAの原因となっているDHTの分泌量が13%も多いことが判明しました。

ですのでタバコを吸うことによって、薄毛になりやすい体質を作っているとも言えます。

タバコを止めれば薄毛は改善される?

ではタバコを止めることで、薄毛は改善されるのかというと、そう単純でもありません。

もちろん禁煙をすることによって改善されることもあるでしょう。リスクを減らすこともできるでしょう。

しかし、これだけでは不十分です。

先ほどもお伝えした通り、髪の毛の成長には様々な栄養素が必要となります。

これらの髪の毛の成長に必要な栄養素を、しっかりと摂ることが大切です。

 

さらに、先にも述べましたが、もしもAGAが発症してしまった場合は、専門の治療が必要となります。

ご自身の手に負えないと感じた場合はすぐに専門クリニックへ行きましょう。