ストレス,はげ,原因,対策

現代社会においては誰しも、大なり小なりストレスを感じているものです。

このストレスが薄毛の原因とは、医学的に証明されていません。

しかし、髪の毛に悪影響を及ぼすというのは、様々なドクターから提唱されている事実です。

ストレスは自律神経を乱す

人が多大なストレスを受けると、自律神経のひとつである交感神経が働き、いつでも行動が起こせるような闘争状態となります。

いわゆる緊張状態なのですが、この時、人の心臓は動きが活発化して、血圧が上昇します。

血圧が上昇すれば血液の流れもスムーズになり、身体中に血液が循環しやすくなります。しかし緊張状態では同時に、血管が収縮して血行不良に陥りやすくなります。

すると頭皮への血液の流れも悪くなり、栄養が送られなくなります。その結果、髪の毛が成長しにくい状態となってしまいます。

また、自律神経の乱れは、睡眠不足や食欲不振、内臓機能の低下などが懸念されます。

もちろんこれらも髪にとって良い訳がありません。間接的にもはげを誘発することにもなるので、しっかりとした対策をとることが重要になります。

ハゲよりも生命維持の方が大切

また、多くのストレスを抱えると、その分「栄養」や「エネルギー」を消費しやすくなります。

しかし、栄養やエネルギーは有限です。生命維持のために必要となる、脳や主要臓器から削ることはできないため、結果的に不要な部分から補おうとします。

そのため、髪の毛に送られるべき栄養が、消費されるようになります。

栄養が不足すると、毛髪の成長に関わる毛母細胞や毛乳頭細胞が縮小してしまいます。

すると本来の役割を発揮できず、髪は十分な成長ができずに、細い髪の毛となってしまいます。

ストレス解消は定期的に

間接的でもストレスが髪に対して、良くないことはわかって頂いたと思います。

ですから、ストレスは極力ためず、そして定期的に解消することが大切です。

適度な運動、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事によって解消させましょう。

大声で叫ぶという方法も有効です。カラオケで思いっきり歌うのは、ストレス発散のひとつと言えます。