シャンプー,成分,薄毛

いつも何気なく髪の毛を洗っているシャンプーに、薄毛の原因があるとしたらどうすれば良いのでしょうか。

実は、シャンプーに含まれている成分には様々なものがあり、成分によって髪の毛への影響も変わってくるとされています。

そこで、シャンプーの成分ごとの髪への影響について考えてみましょう。

代表的な3種類について

シャンプーは洗浄基剤、つまり界面活性剤の種類によって、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に分類されます。

それぞれにメリット・デメリットがあります。ここからは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

高級アルコール系シャンプー

まず、高級アルコール系というのは、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「スルホン酸ナトリウム」といった成分が配合されたものです。

界面活性剤が含まれており、洗浄力が強く、安価で作りやすいのが特徴です。ドラッグストアなどで販売されている市販のものは、こういったものが多いとされています。

デメリットとしては、洗浄力が強すぎることです。必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥してしまうことがあります。

これによって、フケやかゆみが出てくる人もいます。

石鹸系シャンプー

次に、石鹸系のシャンプーです。「脂肪酸Na」や「石けん素地」など、石鹸の成分を洗浄基剤にしたシャンプーです。肌に優しいことが特徴です。

これも洗浄力が強く、洗いあがりはさっぱりとします。

しかし、場合によって石鹸カスが出ることがあります。髪がゴワゴワしてしまうので、そういった場合は「弱酸性リンス」を合わせて使うのが良いでしょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系は、「グリシン」や「グルタミン酸」など、アミノ酸を洗浄基剤にしているシャンプーです。

高級アルコール系や、石鹸系などに比べて、洗浄力は落ちるものの、保湿力が強いのです。髪への影響はもっとも優しいといえます。

頭皮が乾燥してフケやかゆみが出やすい人、アトピー体質の人、薄毛に悩んでいる人には非常に良いとされています。

特に、薄毛や抜け毛が気になる人は、洗浄力の強い高級アルコール系や石鹸系よりも、アミノ酸系のシャンプーを使用するのがおすすめです。

しかし、しっかり洗いたい人には、少し物足りなく感じるかもしれません。

 

以上がシャンプーの成分ごとの違いです。どれでもいいからと市販のものを使っていると、それが薄毛の原因となってしまうこともあります。

自分の頭皮や髪の毛の状態に合ったシャンプーを使用するのが望ましいといえます。