薄毛治療薬

薄毛症状に悩んでいる人は、世の中に数多くいます。これを改善するためには、まず薄毛をもたらした原因を特定し、しかるべき対策を講じていくことが重要です。

中でも抜け毛や薄毛の大きな原因とされているAGAを治すには、医療機関を受診して治療薬を処方してもらう必要があります。

プロペシアの効果

薄毛の抑制に大きな効果をもたらす治療薬として、プロペシアが有名です。

これはフィナステリドという成分を含む錠剤で、これを一日一錠ずつ服用することで、頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制することができます。

この酵素が男性ホルモンと反応して、頭髪の成長サイクルを乱すDHTという物質を分泌します。その働きを抑制するのがプロペシアです。

こうしてAGAの原因となっていたメカニズムを正常化することで、頭髪の成長サイクルも健康的な状態に戻すことができるのです。

プロペシアの副作用

ただしこのプロペシアには副作用も存在します。

男性ホルモンへの影響によって性欲減退、勃起不全、鬱症状などを引き起こす可能性が指摘されています。

さらに肝機能障害を引き起こす場合もあります。

ミノキシジルの効果

一方、薄毛治療に効果的な薬として、もう一つ代表的なものがミノキシジルです。

こちらは液体タイプです。薄毛部分に直接ふりかけることで、頭皮の毛細血管を拡張させることが可能です。

すると血管を流れる血液の量も増えるので、それに含まれる栄養分も毛乳頭までしっかりと行き渡るようになります。

それにより頭髪の細胞分裂が活性化され、頭髪を健康的に成長させることができるのです。

ミノキシジルの副作用

ただしこのミノキシジルにも副作用が存在します。

血管を拡張させると血圧が下がるため、仮に普段から低血圧症を患っている人にとっては、心臓や血管に負担をかけて損傷を与える危険性があります。

そのため血圧に問題のある人は、最初から使用するのは控えたほうが良いでしょう。

また、他にも血行が良くなることによって、肌の温度が増してかゆみや発疹を引き起こす場合もあります。

さらに血流量が増大することによって、動悸や息切れ、倦怠感や鬱症状が起こる可能性もあります。


プロペシアもミノキシジルも、その発症率はごくわずかなものです。

しかし、もしも何らかの異変を感じた折には、かかりつけの医師に相談してみるのが良いでしょう。