foodstuff

薄毛の原因は、男性ホルモン、遺伝的要素、ストレスなどの要因により起こると言われています。

しかし、それ以外にも普段の食事や生活習慣によって、発生してしまう可能性があるのです。

そこで今回は、薄毛に関わりの深い食べ物を紹介します。髪に良いもの、良くないものとありますので参考にしてください。

薄毛に良い食べ物

1位:タンパク質

髪の毛はケラチミンという成分が基本となっています。ですからこのケラチミンを含んだ食物は、積極的に摂取しましょう。

ケラチンが多く含まれる食材は、肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品などがあります。

但し、コレステロール値が高い食材ばかり食べるのは、健康的にもよくありません。

そのためバランスよく摂ることが理想です。個人的には大豆製品が特におすすめです。

2位:亜鉛

髪の毛を作る時に必要な栄養です。この亜鉛は意識して摂取しないと、なかなか摂取できません。

食品では、牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

3位:ビタミンA

血行を促進し、抜け毛予防に役立つ栄養です。

緑黄色野菜に多く含まれます。

薄毛に良くない食べ物

1位:塩分の多い食べ物

塩分の摂りすぎは、高血圧や腎臓機能の低下を引き起こし、血流を悪くします。

血流が悪くなると、頭皮にも血液が不足しがちになります。調味料や漬物など、味の濃いものには注意が必要です。

2位:動物性脂肪を多く含む食べ物

動物性脂肪の摂りすぎは皮脂が多く分泌されがちです。皮脂が多いと、毛穴が詰まり、血行を悪くする恐れがあります。

肉類、バター、卵などに多く含まれます。

3位:アルコール

アルコールは肝機能を低下させてしまいます。肝機能が低下すると、タンパク質を生成するこができなくなるため、髪の毛の発育に影響が出ます。

また、アルコールを分解するためにアミノ酸が多く使われるため、髪の毛に十分なアミノ酸が行き届かなくなってしまいます。

飲酒によりストレス発散も薄毛対策にとっては重要なことですが、飲み過ぎには注意が必要です。

 

すこしの食事を見直すだけで、頭皮への良い影響をあたえることができます。

数日で効果を得ることは難しいため、長い目でみて対策に取り組むことが重要です。