ジヒドロテストステロン 減らす方法

ジヒドロテストステロン(DHT)という、極端な働きをする男性ホルモンがあります。身体の中に増えてしまうと、髪の毛の成長サイクルを乱し、抜け毛・薄毛を引き起こすとされています。

ジヒドロテストステロンを減らすためには、医薬品によるもの、食事によるもの、生活習慣の改善といった三つの方法によるアプローチが考えられます。

医薬品による抑制

一つ目は医薬品による方法です。ジヒドロテストステロンを減らす医薬品は、皮膚科やAGA(男性型脱毛症)を専門とするクリニックで処方してもらます。

医学的に効果が証明されているので、三つの方法の中では一番確実であるといえます。

しかし、副作用も確認されていため、医師の指示に従い、適量を服用する必要があります。

また、効果が現れるまでにある程度の時間がかかるため、長期間にわたり服用を継続する必要があります。

なお、毎月一万円ぐらいの費用が必要となります。

食べ物を見直す

二つ目の食事による方法です。ジヒドロテストステロンを増やしてしまう、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素の過剰な分泌を防いでくれる食材があります。

それが亜鉛です。ですから亜鉛が豊富に含まれている食材を、積極的に摂取するのがおすすめです。

亜鉛を豊富に含まれている食材には、牡蠣や豚のレバー、牛肉などが挙げられます。

また、亜鉛を体内に効率よく吸収するために、ビタミンB6を含んでいる食材も同時に摂取するのが良いです。

牛肉やかつおの赤身は、亜鉛とビタミンB6の両方が豊富に含まれているためオススメです。

他にビタミンB6が豊富に含まれている食材には、豚肉や鶏のレバーなどがあります。

生活習慣の改善

三つ目は生活習慣を改善する方法です。適度な運動を普段の生活に取り入れましょう。

汗をかくことでジヒドロテストステロンを排出することが出来ます。

また、ジヒドロテストステロンを減らすことには直接結びつきませんが、運動により血液の流れが良くなります。

それによって、頭皮が発毛をしやすいに環境に整えられることが期待されます。