コラーゲン,髪

コラーゲンという成分は、肌をきれいに保つ成分としてよく目にすると思います。実はこの成分が、髪にも良いという話があるのを知っていますか?

考えてみれば、毛髪は頭皮から生えているため、肌に良いとされるコラーゲンが影響していてもおかしくはありません。

コラーゲンの役割り

ところでコラーゲンどういった成分かご存じですか。実はコラーゲンはタンパク質の一種です。

人間の体はタンパク質が全体の20%を占めています。その内の約30%がコラーゲンで作られています。

コラーゲンは、身体に弾力性や柔軟性を与えます。それによって臓器や血管、骨などの強度を上げるような働きをしています。

これは髪の毛を太く成長させるためにも必要です。

なお、コラーゲンの影響で髪が太くなるという事は、毛髪科学研究会が行った実験でも検証されているため信憑性も高いです。

加齢にともない減少してしまう

このように重要な成分なのですが、コラーゲンは加齢によってどんどん失われます。その結果、肌にしわが現れたりするのです。さらに頭皮環境にも重要な影響を与えています。

頭皮は多層構造になっており、それぞれ違う役割をもった層が重なっています。この多層構造の一番奥にある層を真皮層といいます。

この真皮と呼ばれる部分の70%が、コラーゲンで形成されています。ですから髪にとってもコラーゲンは重要ということなのです。

コラーゲンを多く含む食べ物

このように髪に対して良い影響をもたらしてくれるコラーゲン。積極的に摂りたいものです。コラーゲンが多く含まれる食品には次のような食べ物です。

豚足、手羽先、牛スジやテール、スッポン、フカヒレ、エイヒレ、くらげなど。これらを上手く料理に取り入れられると良いですね。